Posts Tagged ‘酒器’

工芸クラフトブースセレクトアーティスト25

Posted by administrator on 9th 5月 2022 in 未分類

工芸クラフトブース

セレクトアーティスト25

 

 

 

陶磁

須釜 優子(三重県)

 

 

 

インドネシア・シンガポールで

幼少期を過ごし陶芸に出会う

東洋大学哲学科卒業

京都伝統工芸大学校陶芸専攻科入学

伊賀焼谷本洋に師事

13年間弟子を務め、

2018年

伊賀市槙山にて開窯

 

 

 

「伊賀焼の美しさに惹かれ、16年前に伊賀に移り住みました。

伊賀焼の伝統を踏まえながら、使い手の気持ちに沿った毎日

使いたくなるような器づくりを心掛けております」

 

 

 

 

 

 

 

工芸クラフトブースセレクトアーティスト9

Posted by administrator on 23rd 4月 2022 in 未分類

工芸クラフトブース

セレクトアーティスト9

 

 

 

陶磁

田中 敬史(滋賀県)

 

 

 

2001年

滋賀県信楽町製陶勤務

2007年

森岡成好氏に師事

2014年

滋賀県日野町に穴窯築窯

 

 

 

「太古から様々な変化をくり返してきた大地。その地層の一部を分けて頂き、

土から器を作っています。日々の暮らしの中で器を通し、土の力強さと

自然のままの姿を感じて頂けたら幸いです」

 

 

 

 

 

10周年記念特別展情報

Posted by administrator on 8th 4月 2022 in 未分類

2022年度

追手門櫓企画展

(21日 22日)

 

 

ちんゆいそだてぐさ

10周年記念特別展

「真価を極める、ニッポンの創造美」

 

 

樋口 雅之

木俣  薫

加古 勝己

伊勢崎 紳

山下幾太郎

山下かおり

清水  剛

 

 

 

参加作家紹介

木俣  薫(兵庫県)

 

 

1967年

鹿児島県生まれ

1987年

唐津にて修業

作礼窯岡本作礼氏に師事

1995年

神戸市に木幡窯開窯

2008年

兵庫県朝来市にて登窯築窯

ギャラリー・百貨店等個展多数

 

唐津焼の伝統をベースに

洗練された独自のスタイルを

確立し、近年では薪窯特有の

風合いを活かした黒唐津や

斑唐津の作品を発表している。

 

 

 

 

(写真 木俣 薫)